ロボレーブ(RoboRAVE)とは


Today’s Play,Tomorrow’s Pay
「今日の遊び、明日への糧に」

FUN is #1 priority; Winning is 2nd
「勝ち負けよりも、まずは楽しもう!」

 

RoboRAVEの”RAVE”とは、”Robots Are Very Educational”の頭文字で、2001年にアメリカで生まれた教育プログラムです。

コンピューターを使ったロボット動作のプログラミング学習や、操作体験を通して、子どもの科学とものづくりへの興味・関心を高め、創造力や柔軟な思考力を育むことを目的としています。

この取り組みは現在20ヶ国以上に広がり、各国から参加者が集う国際大会が各地で開催され、本拠地アメリカのニューメキシコ州アルバカーキーでは、毎年5月に3000人以上が参加する大会が行われています。

日本でも石川県加賀市において、2015年から毎年11月に国際大会が開催されており、2020年には同地で世界大会の開催も予定されています。

アメリカはこの先の、より科学が発達した世界を見据え、その時に絶対に不足するとされる科学者の育成に力を入れています。

RoboRAVEはその科学者育成教育(STEMプロジェクト: enhance Science, Technology, Engineering and Math)の一つとしてアメリカ国務省にも認められ、世界の科学教育の発展の一翼を担っています。

(English) https://www.roborave.org/about