Sumobot Challenge(スモーボット チャレンジ)


 
FUN is #1 priority; Winning is 2nd
●ゴール

相撲のように、相手を押し出せるロボットを設計し、組み立て、プログラミングしよう!

 

●参加資格

2~4人のチームであり、小学生、中学生もしくは高校生であること。

(8月18日修正)

競技内容を検討した結果、全て1.5kg以下のクラスにします。

ただし、参加区分は年齢とロボットの重さで決まります。

①ミニクラス(最大1kg)・・・小学生及び中学生

②ミディアムクラス(最大2kg)・・・中学生及び高校生

③ギガクラス(最大3kg)・・・高校生

 

●ロボット及びトラックの材質

・100%自律のプラットフォームであること。(コントローラーなどの遠隔操作は不可)

・外部センサーは禁止する。ただし、エンコーダーのような内部センサーは使用を認めます。

・競技マットや相手のロボットを傷つけるような部品や、「押す」以外の攻撃を意図しているような部品の使用は認めません。

・粘着テープの使用など、粘着力で摩擦力を上げるものの使用は認めません。

・液体や粉末、ガスやその他の、相手に投げつける/噴射するような装置は認めません。

・吸引力や磁気力のような、ダウンフォースを増やすような装置は認めません。

・競技には木材の上にターポリンのマットを貼り付けたものを使用します。

なお、大きさは直径122cmで、円周囲に5cmの黒線があります。

(8月18日修正)

「直径77cmで、円周囲に2.5cmの黒線」とします。

詳細なレイアウトは、後日HPにて公開します。

 

●ルール等詳細 (8月31日 更新)

2017 RoboRAVE Kaga RULE

※競技の仕様上、LEGO社製のロボット(Mindstorms等)を推奨します。

 

●賞品

後日発表