Line Following Challenge (ラインフォロイング チャレンジ)

y あ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FUN is #1 priority; Winning is 2nd

●ゴール

黒線をなぞって塔までボールを運び、スタート地点まで戻ることのできるロボットを設計し、組み立て、プログラミングしよう!

3分以内にこの課題を完了し、残った時間で指定された数に、より近い数のボールを運ぼう!

●ボールの指定数
・小学生部門:137個
・中学生部門:201個
・高校生部門:387個

今回の加賀大会は、各部門においてボールの数が指定されています!
・指定数以下のボールを運んだ場合 ⇒ そのまま得点に加算されます。
・指定数を超えてボールを運んだ場合 ⇒ 指定数から超えた数を引いた数が得点に加算されます。
 <例>小学生チームが140個運んだ場合(指定数より3個多い)
    指定数137-超えた数3=134点 が得点に加算

●参加資格

2~4人のチームであり、小学生、中学生、もしくは高校生であること。

 

●ロボット及びトラックの材質

・100%自律のプラットフォームであること。(コントローラーなどの遠隔操作は不可)

・白い背景に、黒線が引かれている。コースは各部門によって異なり、ゴール地点には塔が設置されています。

塔・・・小・中・高全ての部門で共通のもの。高さ20.32cm、幅10.16cm、長さ35.56cmのもので、運ばれたボールを外に出すために後ろ側の面が空いている。

小学生の部・・・交差点なし。白色の背景に1.25cmの黒線が引かれています。

中学生の部・・・交差点が1つあり。白色の背景に1.25cmの黒線が引かれています。

高校生の部・・・交差点が2つあり。白色の背景に0.75cmの黒線が引かれています。

 

●ルール等詳細

2018 Line Followingルール

 

●賞品

後日発表